バストトップを刺激してみましょう

植物は先端の方が良く伸びますが、一説によると人間の身体も先端の方が発達すると言われています。どんどん新しいことがわかってくるのだから、最新の情報を知っておいた方が得です。

バストアップ法にもこの考えが当てはまるようです。バスト全体をやみくもにマッサージをするより、バストアップの合間合間にバストトップを刺激する方がバストが発育するらしいのです。何も考えずにバストアップマッサージをするよりも、乳首や乳輪に刺激を加える方が確かにバストが成長しそうです。

女性ホルモンが分泌されるとか活性化されるからだと言われていますが、ものは試しに行ってみても良い方法だと思います。あまりに乳首や乳輪を刺激しすぎると色素が濃くなってしまい、乳首が黒いと悩むことになるかもしれないので、あくまでもソフトタッチで行います。指先で乳首をつまんでしまうよりは、指の腹でツンツンと乳首を触ってあげるくらいにとどめておくのが安全でしょう。

絶対に乳首をつまんでぎゅっとしぼったりしないことです。何かの検査ではないのだから、とにかくバストの先端を触るときにはそっと優しくと決めましょう。それを守ればバストは若さを保てるような気がします。バストトップを刺激する時は穏やかな気分で行いたいものです。

女性ホルモンに似た成分を摂っています

人間の身体は変えられる部分と変えられない部分があります。脂肪がたっぷりついている部分は努力すれば変えられる可能性がありますが、脂肪が元々付きにくい部分はなかなか変えることができません。バストは努力によって変えられる部分のひとつになります。

ですが、簡単にバストの大きさとかハリ具合を変えようとしてもできるものではありません。それなりに努力を続ければ少しは変わる可能性があるけれど、大きく変わるには女性ホルモンを補給するなど身体の中から変化させなくてはいけません。外側から働きかけるだけではバストの変化はあまり期待できないどころか、下手をするとバストの形が崩れてしまう原因にもなってしまいます。

バストアップのための努力が水の泡になってしまわないように、バストアップ方法を間違えないことが大事です。わたしはバストアップのために女性ホルモンの代わりになる食べ物を探しました。高級な食材は絶対に続けられないため、お財布に優しい女性ホルモンに似た成分が摂れる食べ物を探した結果、豆腐に辿り着きました。

豆腐を毎日食べてバストアップできたらいいな~と思いながら美味しく頂いています。おかげでバストがプルンと女性らしい状態を維持できています。

良質の食事でバストアップできた

バストを大きくするためには栄養がある食べ物を食べた方がいいです。わたしは食事を疎かにしないことでバストが少し大きくなった経験がありますが、その時に食べ物の大切さと影響力がよく分かりました。

バストアップだけじゃなく、肌を健康にすることも肌にハリを持たせることにも、全てにおいて食べ物が1番に影響しているんだなと感じました。だから今でも毎日食べるものには気を使って、栄養があっておいしい食べ物をたくさん食べています。

ダイエットをするにしても食事制限ダイエットだけはしません。食事制限ダイエットなどしてしまったら、せっかくアップしたバストが下がってしまうかもしれないから怖くてそんなダイエットはできません。痩せる必要があると感じた時は運動をして痩せるつもりです。今は痩せる必要性を感じていないので、おいしくて栄養価が高い食べ物をたくさん食べています。

バストアップしてもそれをキープできなくてはもったいないですから、とにかく少し大きくなってくれたバストをこのままいつまでもキープできるようにしっかり食べることを続けていきたいと思っています。無駄なものを食べなければ太ることなく身体を作っていけます。バストも作っていけるのです。